Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2014年世界選手権 Day5-Day7

2014/06/28 Day5
f0171899_22542059.jpg晴れ南強風、のちサンダーストームの予報。
二日競技フライトして頭の整理とリフレッシュを兼ねてAnnecy観光。
アヌシー観光で渓谷とお城を見に行った。渓谷は小規模ながらも絶景で、大増水の記録ビデオもあり楽しめた。
お城はフェスティバル中でクサリカタビラや甲冑を着せてくれたり、迫力の馬上対決を見ることができた。

f0171899_22503601.jpg終盤ゴールに設定されるという公園を見学するが、湖と街に囲まれているだけでなく、20m間隔で一直線に何十本も旗が立っている。自分の中の結論は「ここは無いな」だった。

2014/06/29 Day6
朝から雨だったが、午後には止んで1~2時間は飛べるだろうとのこと。
練習日にも同様の予報を当てていたので、ウェザーマンを信じて一人だけ山に上げてもらう(水越さん、ありがとうございました!!)。
借りた機体は自分のよりピッチが軽かったが、もう少し楽に高速を出せないと走り負けてしまう。
なので日本から用意していった特製スイングラインに交換してテストフライト(貢さん、板さん、ありがとうございました!!)。

組み始めたら雨がパラパラ降ってきてどうなるかと思ったけど、そのうち晴れてきて好条件になった。
夕方もうひと雨降る予報だったので1時間でランディング。
スイングラインの調子はばっちり。明日、もう1㎝前に出せばよいだろう。
夕方には雨雲が近づいてきて急いで撤収。これほど予報が当たるものかとウェザーマンの能力に改めて感心。


2014/06/30 Day7- Task4
雲底高度があまり高くないという予報で、南のリッジを往復する137kmのタスク。
一晩考えて、吊り位置は2㎝前に出すことにした。これで外人たちにスピード負けしないだろう。

テイクオフして30分ステイ、スタートシリンダーに向かって一斉に動き出す。
後ろの選手が全然抜いてこないなあと思っていたら、2秒ほどフライングになってしまい、慌てて旋回してスタートを切りなおす。。。
やってもうた~。

遅れを取り返すべく、上がりきらないリフトを見切ってバンバン先行するが、低く着いた先で思ったようなリフトがすぐに見つからない。
ついにセムノスのリッジでかなり低くなってしまい、集団において行かれてしまう。
何とか上げなおして、日本チームとしては5番目、全体の22番目にゴール。トラックログ
着順は遅かったがタイム差は少なくそれなりの点がついて、なんとか総合順位は踏みとどまった。




[PR]
by yamamototsu | 2014-08-12 23:06 | Worlds2014