カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

08月26日(日)の足尾

今日はVRおっさんの集まりがいい。昨日とほぼ同じ天気図。
宇都宮管制圏を南回りのタスクをセットし、11:30テイクオフ。

筑波経由で南から攻めるつもりが、雲の配列があまり良くない。
ゴールデンレイクス辺りに行ってしまいそうなので、
下妻方向の雲に渡ってみる(考えてみたら、そもそも遠回り過ぎだ)。
ところがこの雲は全く吸ってくれず、いきなり大スタック。
その先の雲の繋がりも全く良くなかったので、FANACに戻って仕切りなおし。

八郷盆地内はリフト強かったのに、外は全く煮えてない感じ。
弱々しいリフトを乗り継ぎ鬼怒川でようやく1500m雲底。
時間は既に13:00。計算上、もう時間が足りない。

良いリフトを乗り継いで、壬生で13:20。
そろそろ引き潮かと思ったら、僚機2機を発見。☆さん、M田さん?
おおぉ心強い。と思ったのも束の間、頭上を東に帰って行った。
俺も帰ろう。

南風に押されながら管制圏のフチをまわって、鬼怒川で対地300m。
何とか上がって真岡の街で雲底まで復活。よし、まだ14時だ。
直帰ではちょっと早いと思い、黒い雲のある益子に寄り道しよう。
が、これがとんだ罠で、全く吸ってくれないどころか、
既に海風の進入も始まっていて、市貝まで流れて対地300mを切る。
もはやこれまで。本日終了。と諦めたところでようやくリフトに当たる。
必死でしがみつき、800mになったところで、Sピーが北から悠々と登場。
今日は全く飛べていないので、足尾に連れて帰ってもらわなくては。
雲底まで上げてあとを追う。
Sピーは高峰に向かったようだが、上がっていない?(見失った)
こちらは雲の生きてそうな富谷に向かい1000mまで上がる。
しかし、石切山脈の雲は既に死んでいて、700までしか上がらない。
16時過ぎに富谷の麓に戻ってランディング。
4時間40分飛んで107Km@3TP。トラックログ

二日連続で思うように飛べず、へとへとに疲れた。
それでも100Km飛べてしまうのは明らかにVRのお陰だよな。
by yamamototsu | 2012-09-01 06:57 | 足尾