カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

08月13日(土)の足尾

足尾合宿もあと二日。
今日は北東風の予報だったので雲底低いかと思いきや、案外高い。
海風は昨日までより入りやすいと思い、三たび宇都宮方向を狙う。
出たら案外渋くPGテイクから前に行って、MoMoの回した上でヒット。
猿壁に移動して1000m近くまで上昇し、吾国方向に移動。
板敷で1200mまで上がってワンパターンの石切り山脈に出発。

仏頂でヒットするが、下層は東っぽいようで海風の進入が心配。
もう8日目なので疲労も早く、たった30分くらいで肩が痛くなってきた。
とはいえ良さそうな雲が沢山あるので、今日は茂木ルートで進むことにする。
続いて谷を渡る形になるが、鶏足の雲を狙う。
固い作戦のつもりが手前で下がるし、尾根に乗っても対流している感じがしない。
この尾根はダメな気がしてルートを変更すると、希望が丘GCの手前でヒット。
SSEの結構な風に流されるリフトにヒット。徐々に強くはなったが雲底まで行かず終了。

日産テストコースで拾ったのもSE風に流される弱いサーマルで、
風下に流して次の丘でもうひと上げ、また流してもうひと上げ。
リフトラインが終わったっぽいところで丘陵地帯を西に脱出し、市貝に入る。
高度が心配になってきたところでヒットし、久しぶりの雲底、1300mオーバー。
足尾リターンは無理そうなので、宇都宮でなるべく浮いていよう。
真岡から続く雲の連なるラインに乗るためにグライド開始。

14:00にホンダの南でラインに乗って北上開始。快適なクルーズ。
この雲全部オレのもの!と思っていたら、氏家の境で回ってる奴発見。
複座の実機なので練習生かな? しばらく付き合って上を回ってみる。
うーん、リフトが弱い、もっと良いところあるんじゃないの。
さて、北に行ったら楽しそうだが、さすがに迷惑なので南下することにする。

一本西のラインを南下して真岡まで行くつもりで鬼怒川を渡るが、
雲底に着く頃には南の雲がどんどん消えていく。
作戦変更を余儀なくされ、元のラインに戻って丁寧にホンダまで南下する。
その先は雲が行き止まりになってしまいそうなので、東にシフト。
弱い雲をいくつか通過するが吸ってはくれず、益子にランディング。
3時間飛んで77Km@3TP。トラックログ
南下ルートが正しければもっと戻れそうだが、見つけ方が判らない。
宇都宮はまだ浮いていられそうな雲が残っていた。

Sぴーの案内で回収車が通過した益子のひまわり祭はすごかった。
f0171899_12582770.jpg

by yamamototsu | 2011-08-21 12:59 | 足尾