カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

05月23日(土) 難台山リッジ

この前の週末は雨でネタがないので、一週間以上昔の話ですが書いておきます。

久々の日本はすっかり夏の様相で最高気温26度だかの予想。雲多く雲底1000mくらいと低いです。一応WeLAのタスクを聞いたりしながら準備します。フラワーパークとか、板敷ポンプを取るらしいです。もう一度ちゃんと確認しようと思ったら、もう全員いなくなっていました。

13:40頃にようやく離陸するといきなり下がって300m。谷の中で上がって良かった、右回りでゴメンナサイね。サル公園でもうひと上げして、HGを追ってフラワーパークに向かいます。やけに飛ばしていて全く追いつかないと思ったら、もうファイナルグライドだったようですね。私は板敷ポンプに向かうことにして、一度山に戻ります。

足尾山で雲底まで上げてポンプ、更に吾国山に渡ります。サーマルがかなり流されていて、東風が強くなっているようです。海風が入って上がらなくなりそうですが、難台山には良い雲が出来ているので、その雲底につけたいです。
吾国のリフトが弱くなったところで切り返して雲の前面で上げようと思ったら、当てが外れて上がりません。迷いながらも中途半端な高度で出発してしまうと、予想以上に進みが悪く、更に進むと沈下が増えていきます。

難台は裏風で、かぶりを喰らっているようです。今や難台の尾根には乗っかれないことが明白で、撤退するしかありません。焦る気持ちを抑えて、板敷LDに降りられるように、また跳ね水リフトを狙えるように小富士方向に向かうと、案外近いところでリフトに当たりました。900m超えたところで再び難台に挑戦、今度は尾根を超えることが出来ました。
難台山の東側でリッジを取りながら上の雲につながるサーマルを探します。暫く粘ってみますが上り階段は見つからず、山裏でハマるわけにも行かないので、あきらめて撤退します。再び難台のかぶりで高度が下がり、今度は小富士の手前でようやく跳ねてくれました。ちょっとドキドキします。

燕に戻って東風リッジランで筑波だっ、と思ったらこっちの尾根はリッジ取れません。最後にハング凸山で雲底につけたので、八郷の運動公園の先まで行ってMLにランディング。
S戸ヤンはその後も頑張って飛んで、1時間後くらいに降りてきました。

トラックログ
今日は2時間半飛んで3TPで約35Km。やっぱり日本は難しい。
by yamamototsu | 2009-06-02 23:11 | 足尾