人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

03月28日(土)の足尾

寒気はまだまだ残っています。昼間にSぴーが飛んでたんじゃないかと気になりながら、金曜の夜のうちに出発。明日から高速1000円なので常磐道まで行って一眠りしました。翌朝目が覚めると想定外のどん曇。。。ありえん…
セットアップが終わっても西風でなかなか晴れずテイクオフはややシラケムードが漂っています。しかし減率は良いですし北のほうには晴天域と雲の列が見えるので、ちょっと日射が出て天国の入り口に辿り着けば最高の一日になるはず。
そして徐々に層雲が消え始め、Sピーたちに続いてテイクオフ。自分だけ今ひとつ上がらないがGoTo北なので低いうちに加波に移動するとなんとか1500m弱まで上がったので、さっさと天国の門むけてグライドを開始します。途中でひと上げして高峰で上げているSピーの下にもぐりこむと+3にヒット。ここから先は活発な雲がてんこ盛りです。見たところ北北東方向に良いラインが出来ているので、まずは大子方面50Km地点を目指すことにします。
相談もしていないのに次の雲でグライドし始めるSぴーを発見。考えていることは同じなようです。Sぴーを追いかけコンバージェンスを移動しますが、私は最後の200mくらいでリフトが弱くなってしまい、雲底を走っているSぴーよりどうも効率が悪いようです。平地の最後も雲底につけられず、ここからは丘陵地帯です。帰りはフォローなので下限1500mと決めて先に進むと、2Km先行のSピーが雲底につけて折り返してきます。自分も復活を期待して先に進むが上がらないまま何とか50Kmを超えたところでUターン。
足尾に向かって立派な雲の壁が出来ていますが、私は1300mまで下がって別世界の話です。雰囲気悪いのでラインを変えると弱いのにヒット、北風に流されながら上げていくと徐々に強くなって雲底2500mに復活しました。その間にラインはやや西にずれて高い層積雲が烏山までの日射を奪っています。時間は15時近いですが今日は16時過ぎでも対流があるでしょう。雲は吸ってくれているのでもうちょっと冒険することにして、西進して市貝町で層積雲の端に到達したところでターン。ふたたびコンバージェンスに乗るために茂木に向かいます。
しかし大きな雲のラインに着いても上がりません。高度1300mまで下がり東風なので海風の領域に入ってしまったようです。海風の前面に出なければならないので西に向かっていくと、益子で東風に流されるリフトに当って2000mまで復活、更にキープハイで南下して富谷1900mでファイナルグライド。強い海風が入っていましたが、無事燕の東面に出ることができ、あとはリッジでテイクオフ上空をパスして東MLに帰還できました。

4時間弱のフライトで120Km(3TP)。50K地点で見失ったSぴーはそのままコンバージェンスの雲の横をカッ飛んで1時間せずに足尾に帰還、高度も2000m以上あるのでさらに石岡に行って戻ってきたそうです。なんかいっぱい飛べたSげとは太平山をタッチして帰還。二人もほぼ120Km(3TP)でした。

トラックログ

やっとはじけた足尾ですが、朝曇っていたからでしょうか。今日は人が少なめでした。
by yamamototsu | 2009-04-02 22:32 | 足尾