人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

02月28日(土)、03月01日(日)の足尾

02月28日(土)
出発が遅くなって11時過ぎにエリアに到着。前日の雪で足尾テイクオフは結構な雪が積もっています。寒気は入っていて減率は良いはずですが、兎に角湿気が多く雲が張ってしまって上がりそうにありません。北には晴れ間、盆地の東端にはコンバージェンス性のラインも見えますが、これでは届きません。
皆で晴れ請いをしていると、ちょっと明るくなってきたような気がします。13時頃に出た人たちが上がりだし、私も続いてテイクオフ。PGの南テイク前で1300mオーバー。筑波に移動し1400mまで上がりました。時間的にはもう14時近く北に行くには遅すぎるので、東のコンバージェンスを目指すことにします。
不動峠まで南下する途中サーマルに全く当らず、弱い積雲のある南に突き出た採石場の尾根に進みました。上がらなければ帰還不能の背水の陣ですが、しっかり上がるサーマルが見つかりません。弱い雲の下をパープルライン入り口の尾根に乗っかり、中央青少年の家の上でようやくヒット。東風に流されながら1000mまで上げなおします。
狙いのコンバージェンスまではもう少しですが、さっきのリフトの流され方からして低いところから上げなおせる気がしません。弱気に保険を掛けて尾根上を進みますがリフトにも当らず、雲まで挑戦せずに尾根先端でUターン。盆地のふちに戻って、雪入を過ぎたあたりで弱いリフトにヒット、竜神の上に積雲が出来ていますが、600mしかないので慎重に上げて800m。もう竜神の雲は死んでいてコンバージェンスのくももはっきりしなくなっていて、ML帰還が冷静な判断ですが、無駄に勝負するのが俺だ!!ということで竜神に取り付きます。リッジっぽくちょっとだけ上がりますが、当然のように勝負は敗北。そのままランディングとなりました。
1時間半、3TPで32Km、適度な苦しさで結構楽しかったです。
トラックログ

03月01日(日)
本日のほうが寒気が入るとのことですが、盆地内は結構な雲で日射がありません。それでも西や北は良く晴れているようで、先々週のように盆地を脱出すればかなり楽しめそうです。ゆっくり上がってゆっくり組んでいると、若人達が1000mほど?で西に走っていきます。そうだよねー。
12時半にテイクオフし、足尾山1000mから雲の出来ている吾国経由で北に向かうつもりでSピー、Kたのと発射。貢邸の上でヒッて1200mとなり、道祖神峠を越えたところでさらに1300m。しかし西の晴天域の間の雲がかなり厚くなって、突っ切るのは難しくなってしまいました。現在の雲のラインを西に外して脱出を試みますが、向かった雲は既に活動停止で全く上がる気配なし。仕方なくもとのラインに戻ると、そこでSピーと合流。
行き場を失いまだ日射のある東にSピーを追う形でグライド、500mを切ったあたりで弱いリフトに当たり、Sピーも戻ってきて二人で必死の生き残りをはかります。800m天井で流されながらサバイバルしていますが、このまま粘り続けるのは苦手な展開です。日射の残っている仏頂の上に雲が出来ていたので、エイッと走ってしまいます。運良く山頂に乗っかることができて、そこでヒット。Sピーは100mくらい下でやってきてリフトに当らず谷底に戻っていきます。
流れながら3羽のトンビと+400mゲイン、トンビも特別上手い奴がいるんですねえ。1羽がうまーく流して強いリフトを拾って、ガーグルを引っ張ります。我がVQが一番初めにリフトに入りきれなくなって、サーマルを離脱。高峰でもう一発と思って動いたのですが、鳥ばかり見ていたためかこれがバッドチョイスで吹き降ろすばかり。気付けば仏頂の東には積雲が出来ていて、最初からこちらに向かうべきでした。今更向かっても高度が全く足りず、Sピーと同じところにランディング。本日も約1時間半で32Km(3TP)。
西に向かった若者たちは結構なフライトを楽しんだようです。
トラックログ

平日が毎日雨だったので、土日でこれだけ飛べたのはラッキーでした。
by yamamototsu | 2009-03-07 02:13 | 足尾