Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

08月25日(土)の足尾

早起きしたのに、出発間際にトラブルがありいつも通りの時間に到着。
地上は南風がやや強い予報。朝から雲底が高く、期待して山に上がる。
12:30テイクオフ。WeLAのタスクは西の平野まわりだが雲がなく難しそう。
雲の続いている北方向のアウト&リターンのタスクを設定する。

八郷を離れ、雨巻に渡るが雲の下で思ったように上がらない。
この雰囲気では茂木に入り込めず、平地の広い益子に逃げる。
谷の先の風当たり斜面でも上がらず、対地200mまで下がってやっとヒット。
13:30、烏山ドッグレッグの西で、北からSピーのVRがやってきた。
1時間前にテイクオフしているから馬頭50Km地点リターンかな。

1000mでSピーの上から離れて更に北上。時間的にはそろそろ帰り時間だ。
雲底まで上がったらリターンしようと思ったが、濃い雲も全く吸ってくれない。
上がりきらないまま折り返すわけにも行かず、流れ流れて馬頭まで来てしまう。
既に対地200m、降りる場所も決めたところでヒット、トンビと回して雲底1400m。
すでに14時をとっくに過ぎている。急いで帰らねば。

帰りは雲が上手く繋がって、ヘッドウィンドの中、1時間で30Km以上南下。
間に合うと言い聞かせるが、益子から先の雲が薄い。
最後の雲は雲底まで上がりきらないが、ゴールデンレイクス-羽田山のラインに期待。
しかしすでに海風がしっかり入っていて、ゴールデンレイクス800mで通過。
全く上がる気配も無くそのままランディング。
3時間で105Km@3TP。トラックログ

今日の前半は全く雲の気持ちがわからなかった。色々位置を変えてみたが上がらない。
Sピーも同様だったそうなので、そういう日だってことだったのか。
[PR]
by yamamototsu | 2012-08-30 21:51 | 足尾

08月19日(日)の丹沢

お盆は結局足尾で飛んでたので、持ち出したVSの出番は無かった。
足尾も良さそうだが、強い日差しが可哀想なので、今日はVSをしまいに丹沢に行く。

飛ぶ前にフラップのベルクロ交換作業をやっていたので、13:00前にテイクオフ。
三ノ塔の尾根で雲底に着け、20分かからずに松田に到着。
1000mまで上がって大山、善波隧道まで行き、
平地の雲でランディング上空まで戻る。

そこから大倉尾根で山に入って、雨山から高松山をまわってランディング。
2時間飛んで60Km@5TP。トラックログ

換えたベルクロは良くくっつくようになったが、反対側のベルクロが剥がれそう。
[PR]
by yamamototsu | 2012-08-22 23:16 | 丹沢

08月17日(金)の足尾

時間とともに不安定になり、明日は雨の予報。
栃木方面は午後に雨が予想されている。
雲底は800くらいのよそうだったが、朝でも1000mありそう。

終わりが早そうなのでいつもより早めの11:40にテイクオフ。
想定タスクは、足尾-学園-宇都宮-足尾で、雲行きが怪しければ早めに帰還の予定。
1サーマルで筑波山、もう2サーマルで学園と、雲がしっかり上げてくれる。
しかし学園は既に海風が侵入していて気が抜けない。
徐々に吸ってくれなくなる雲を繋いで12:30に水海道で折り返す。

石毛まで戻ってようやく良いリフトにあたり雲底。
筑波を見ると既に雲頂は5000mオーバー、帰る国はもう無いかも。
一応雲の崩壊を待って帰れるように下館方向に向かうことにする。
下妻で足尾方向を見ると、真壁に水柱があって山が見えない。
旧大和村にも水柱がある。宇都宮あたりはどす黒い雲の中。

なんとか雨の過ぎた後に帰れないかと思いながら更に北上する。
小山の雲は黒すぎるので結城の雲で雲底につける。
小山の北で身の振り方を考えていると、街に落雷した。もはやこれまでか。
東にある晴天域には広い休耕田があるのでそちらに向かう。

ところが雲も無いのに上がりっぱなし。ここももうダメだ。
回収は大変になってしまうが、まだ時間のありそうな佐野藤岡まで逃げよう。
渡良瀬川の河川敷にランディング。15:30。104Km@3TP。トラックログ
グライダーをたたみ終わった頃、数キロ西では落雷が始まった。
S木ヤン、回収ありがとうございました。

しかし、結局足尾は雨降らなかったとは。
[PR]
by yamamototsu | 2012-08-21 21:51 | 足尾

08月16日(木)の足尾

条件良さそうだが、実家の電話修理をしていてすっかり遅刻してしまった。
数名来ていたリジッドも山に上がったときには全員飛んでしまった後だった。
急いで組んで、13:20にテイクオフ。足尾山で雲底についてスタート。

Sピーが筑波から西に向かったという情報があったので、一度西に行きかけるが、
雲が繋がってなく、筑波に行く時間も惜しいので、北に向かうことにする。
雨引の尾根で雲底につけて、雲を伝って雨巻山に向かう。
ここより西は雲がほとんどなく、フォローに乗って益子と茂木の境を北上する。
那珂川の向こうには大きく発達した雲があるが、時間的に間に合うか?

茂木市街の手前の雲はスカで、ツインリンクの横で600mを切ってしまう。
ところどころ休耕田はあるが、広いところは無いのでドキドキ。
このあたりは北風っぽく、それで雲のサーチする位置がずれていたかも。
何とか雲底に復活すると14:30前、時間切れだからもう帰ろう。

行きには活発に見えた仏頂のラインも今はそれほどでもない。
鶏足山のサーマルは東っぽい、海風が入ってきたのか。
何とか50号の谷に出て雲底近くまでつける。
岩瀬に雲がたまっているので、あそこに行ければ帰還できそうだ。
見ればSピーらしきVRがまわっている。
仏頂の脇では上がらず、石切山脈から岩瀬の町に向かう。
対地200m、全然高度足りない。降りる準備しようと思ったところでヒット。

兎に角丁寧に上げきるしかない。サーマルは北に流れていく。
GPSをマップモードにすると、行きに雲を伝って行ったのと全く同じ場所で、
流れる方向も寸分たがわず、ぴったりと一致している。
燕の風下側のコンバージェンスだろうか。

雲底1100mまで上げたが直接は帰れないので、雨引の尾根に着く。
もうひと上げして燕に向かうと、その北側でどっぶり上昇。
真壁側に雲のラインでちょっと遊んでランディング。
約2.5時間で約60KmのOut&Return。トラックログ

夏でも雲底1200mあれば結構動ける、VRの特権ですな。
[PR]
by yamamototsu | 2012-08-20 19:40 | 足尾

08月05日(日)の丹沢

お盆に持って歩くグライダーを取りに行くため、丹沢に行く。
朝から東名高速が事故渋滞(通行止め?)、集合に遅刻して、10:30に一人で山に上がる。
曇り予報だったが良い天気、雲底1200mとこれも予報よりかなり高い。

12時過ぎにテイクオフ、足柄平野まで雲が続いているように見える。
すぐ雲底につけたので、海風が入り込む前に狙ってみる。
浮いているPGも見えるし、既に1機戸川公園まで来ているし、松田も上がるようだ。
途中100m上げて、低いけれども谷間を通って松田山の南面に回りこむ。

リッジで上げようと思ったら、想像以上に東で斜面をなめている。
しかも、もうすっかり海風が侵食済み。これはマズイ。
何とか高度を800mまで戻し、すぐに盆地に逃げ帰る。
450mまで下がったが、柳川の東で弱いサーマルを拾って復活。
まだ灼熱のランディングには降りたくない。

その後向かった大山の東面では、風向きがおかしくちっとも上がらない。
何とか高度を回復させて、菩提に戻る。
今日は盆地をはみ出すとろくなことがなさそうだ。

次のレグは、表尾根の雲の南端を使って、秦野峠。
もう一度大山。先ほど見えていた山頂は既に雲の中。
表尾根の雲が濃くなってきたので、そろそろ潮時か。
もう一度松田をタッチしてメインランにランディング。
3時間弱飛んで66Km@5TP。トラックログ

帰りの東名がまた大渋滞。何とかならんもんかねえ。
[PR]
by yamamototsu | 2012-08-07 23:58 | 丹沢

08月04日(土)の足尾

朝、晴れていた川崎も、徐々に雲が増えてきた。
途中、千葉県近辺は雨もぱらつく。
11時足尾到着。雲は多いが、少しは遊べそうだ。

13:30テイクオフ。
先に出た、Sぴー、Hりんがサル公園でバトルしている。
そこにチームリーダーが一層低く参戦し、手前でヒッた。
その上に乗っかり、高見の見物。雲底900m。
みんな上げきって筑波に移動。Sぴーは北へ、私は南へ。

不動峠から東に伸びる雲列に乗りたかったが、コアは盆地の外にあるらしい。
高度700mでは追いかける踏ん切りがつかず、MLに逃げ帰る。
モーパラLDで300m、もう終わりと思ったところから弱いのを引っ掛けて復活。

PGが数機、沖で上げていて、A柳さんが横を通って沖で上げだした。
私も沖にでて、先頭のPGと雲底まで上昇。
私は南の雲列にシフトしようとしたけど上がれず。
日の当たっている風の通り道に向かうと何とか上昇。
ちょっと北側ではA柳さんがPGを率いて飛んでいる。

最後は龍神の手前まで行って、MLにランディング。
約1.5時間のフライトで30Km@3TPトラックログ
雨かと思ったのに儲けもんだった。
[PR]
by yamamototsu | 2012-08-06 23:12 | 足尾

07月28日(土)の足尾

久しぶりの好天が週末に巡ってきた。
飛びに行くのはK坂さんが来日したとき以来だから、1月半ぶりか。
11:00に山に上がって、12:30にテイクオフ。雲底1100m

筑波山から朝日峠で盆地を脱出。雲底は1000mくらい。
ここから雲を伝って、研究学園の手前まで順調に進むが、その先は雲がない。
13:30。ここから北上し、盆地の西を通って宇都宮を目指す。
リターン時刻は15:00を設定。

北上ルートもしっかりした雲は無く、筑波の手前で一度雲底についたあとは、
弱いリフトを繋いでゴールデンレイクスの雲まで辿り着いて1200m雲底。
14:40。ここから北には雲があるのでちょっと欲張ってもう少し北上する。
宇都宮には既に雄大積雲。積乱雲かな?

一万人プールで600mでヒットするが、900mまでしか上がらない。
東西に繋がる雲を使って茂木に行けば、良い雲を使って十分帰れる。
宇都宮の積乱雲の端っこで上げれば楽に足尾に戻れるはず。
と思って、雲の下に入ると空気が涼しい。

これは、、、マズイ。
もっと突っ込めば上がるかもしれないけど、降りたらずぶ濡れ必至。
南に逃げるが、ピクリとも上がらない。
時間も遅いし、リフトの下限を切ってしまったかも。
15:13、一万人プールの西にランディング。くっそー。トラックログ。84Km@3TP。
風上に向かうのでなく、東に逃げたほうが良かったかも。

雷鳴を聞きながら回収車を待つ。車に乗った直後にポツポツと降って来た。
その後、栃木は激しい雷と豪雨に包まれたらしい。
[PR]
by yamamototsu | 2012-08-04 00:37 | 足尾