Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

01月23日(日)の丹沢

前夜の予想では雲っぽいが朝はしっかり快晴。
そこそこ乾燥してるし、冬型なのに上空の風は弱いしで期待して丹沢に向かう。
ところが着いた頃から南(!)から高層の雲がやってきて日射がなくなってしまった。
HG10名、PGも大勢来ていたが、みんなテンション下がりつつ入山。

セットアップしていると南から晴れ間が広がってきて期待できそうになってきた。
PGも上がっているし、正午ちょっと前にテイクオフ。
すぐに花立に移動すると雲底2000m弱まで上がる。今日は良さそうだ。
当初予定通り箱根方向を狙うことにして、高松山の北の雲に向かう。
これはスカを喰らったので、大野山でチョロッと上げて不老山に移動。
雲底1900で足柄峠の西面の雲に向かう。
この雲でも上手く上げられず、吹き降ろしの風に叩かれるばかり。

ようやく諦めて沖に逃げるが、やっと降りられそうなところにきたら対地150m。
やってしまった、判断が遅すぎたぁ。。。と思ったらゼロシンクになった。
50m上げては移動を繰り返すこと10分近く、700mを超えたところで立ち上がってくれた。
雲底までは上がらず1600mで打ち止め。もう一発も1600mで打ち止め。
芦ノ湖まで行きたかったが、引き潮の雰囲気を感じて戻ることにする。

足柄平野は余りあがらず1200mで秦野盆地に逃げ帰る。
大秦野CCで上げ直したあと、近場でさらに1時間ほど遊んでランディング。
3時間半で78Km@3TP。トラックログ
帰ってこられて良かったあ。
[PR]
by yamamototsu | 2011-01-28 07:57 | 丹沢

2011年01月10日(月)の丹沢

f0171899_014645.jpg冬型なので、事前の計画通り足尾から丹沢に移動。
ワクワクしながら車を走らせると北面の真っ白な大山が見えてきた。
秦野中井ICに着くと辺りは一面の雪景色?! えーっ!!
秦野在住者によれば、夜中のうちに降ったらしい。
雲底2000mオーバーのつもりだったが、三ノ塔には雲がかかっている。
日中どこまで雲底が上がるのか。

f0171899_0144028.jpg雪掻きしたランチャー台でセットアップして12時前にテイクオフ。
特に高い斜面は雪が多くて温まってなくて渋い。
ちょっと低い雪の少ない斜面からのサーマルで雲底1700m。
大山を廻ってから西方向に移動。やはり渋め。
鍋割から見ると塔の岳の裏はステップクラウドになっていて雲底が高い。
裏の山々は何故か雪もなく、雲底が上がれば丹沢山も狙えそう。
飛ぶ気満々だった勢いでついつい大野山をチョイス。
やはりすっかり下がってしまって、高松山で何とか上げ返す。

前方を見ると松田の南側(足柄平野)は雪もなく暖かそう。
松田を超えて第一生命ビルの上でPGと合流して上げなおす。
そこから更に南下して1500m、その先でもう一度1500m。
調子に乗って国府津の海まで足を伸ばす。キレイだなぁ。
海上の雲をちょっとかまって陸地にリターン。
帰りは良いリフトに当たらず第一生命ビルの上で500m。
14時を過ぎていてエネルギー切れかと思ったところでヒット。
松田のテイクオフまで流れながら、1100mで秦野に戻る。

太平洋CCでひと上げして大倉尾根に突っ込むが予想外に上がらず。
PGは稜線の上で優雅にソアリングしているのに。
ランディングに降りに行くと対地200mから1000mアップ。
更に三ノ塔で2000m雲底に到達。
既に雲は衰退してしまっているがちょっとチャレンジ。
意外にも塔の岳で1850mまで上がったのでちょっと裏に行くが、
さすがに上がりそうもなくすぐに撤退。残念。

再び三ノ塔で2000mまで上げて東海大病院まで行って、
盆地に戻ってメインランにランディング。
ジャスト4時間で95Km@5TP。トラックログ
きっちり丹沢山に行ってたら初100Kmだった、残念っ。
でも丹沢で海の上を飛んだのは初体験なので思い出深いフライトになりました。
[PR]
by yamamototsu | 2011-01-13 00:17 | 丹沢