Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

07月11日、12日

07月11日(土)
曇りの予報が直前に変わってやや晴れる予報に。
相変わらずの寝坊で昼頃ショップについて、D門さんの世界選話をしばらく拝聴し、のんびり入山。
セットアップが終わった頃にはすっかり渋くなってしまっていて、しゃあないかって気分でテイクオフ。
ノーターンで加波の麓まで行ってみるがどこもリッジが取れるほどのリフトはない。
戻ってきてPGテイク前でちょっと上げなおすと、S戸やんが尾根の南側で回し始める。

PG2機とその下にもぐりこんでサーチすると徐々に強くなって上昇開始。
Sピーもどこかからやってきて、PGもどんどんやってきて、PG&Rigidのガーグルを形成。
まだ上がりそうだけどS戸ヤンが動いたのを追ってサル公園へ。
上がらないのでつくばねの手前まで行って1ターンでMLにランディング。

1サーマルのみだったけど、40分近く遊べました。
早起きした人は2時間3時間飛べたようです。

07月12日(日)
ちょっと日が出る予報だったけど、実際は朝早い時間のみで、9時にはすっかり曇り。
やる気なくゆっくりしてたけど、みんな山に上がってしまって遊んでくれる人もいません。
じゃあ、と山に上がってみたもののどう考えてもぶっ飛び条件。
O田は飛びに上がったのかと思ったら、車降ろしてるし。
それでもちょっと日が出ると一気に気温が上がるので、夢を託してウェイティング。
14時まで待ってだめなら飛び降りだと決めたら、13時半頃からやや明るくなってきた。

O塚ちゃんがサル壁でちょっと上がったので、よっしゃー今しかない!!とテイクオフ。
ちょっとリフトがあるので何とかステイ出来そうと思ったけど、ジリ貧な感じ。
PGがテイク前でステイしだしたので、高度が低いけどそちらに移動。
何とか上がりだすとチームリーダーK野が尾根の上からかぶってくる。
こちらがやっとテイクオフくらいまで上げ返したところでリフト終了。K野は頭上。

長い無用と前に出すけど行き先がない。風向きは?と煙を見ると、ハング凸山方向に流れている。
行ってだめならランディングと凸山に向かうと、弱いリフトにヒット。
回し始めるとまたK野が乗っかってきた。
このリフトの寿命も短く、上がらなくなったらさっさと移動。でも行き先がない。
Cooランディングあたりに煙が溜まっているけど、上がっている風ではない。
行ってみるもやっぱりピーとも言わず。K野がちょっと上から追っかけてくる。
あとはML近辺で悪あがきとも高度処理ともつかない旋回をしてランディング。
すぐあとにK野もランディング。
30分ちょうど飛んだけど、ほぼ右肩下がりのフライトなんでぶっ飛びなんですかね。
[PR]
by yamamototsu | 2009-07-16 00:40 | 足尾