Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

週の初めから考えていた有給取得予定日。
予想以上の寒気で前日の川崎は昼頃からすっかりどん曇で、雨まで降りました。金曜の予報でも栃木で午後から雨の可能性があるそうです。私がいなくても後輩達がきちんとやってくれるとはいえ、ちょっと気になる仕事も幾つかあるし、ジムのスタジオで行われる特別メニューもちょっと参加したいし、と飛びに行かない決断をする材料が色々あります。
そんなこんなで結局会社に行くことにしてしまいました。15時頃?から栃木の一部で雨が降ったようですが、このところ平日に良く飛びに行っているSぴーはしっかり飛んで戻ってきて80Km弱のフライトしたそうです。やはり休むべきだったか。。。
今回の寒気は真冬のそれと全く同じ強さで、今ひとつトライアングル条件が整わなかったこの3月のラストチャンスになりそうです。

追加の動画を一本。犬に吠えられてます。

[PR]
by yamamototsu | 2009-03-30 22:41 | 足尾

03月21日(土)の足尾

3月の3連休。私の中では2年前の奇跡の1週間の印象が強く、最も楽しみな期間のひとつです。しかし週間天気図から飛べるのは中日のこの日だけ。一見XC日和に見えたこの日の天気図も、前夜の各地のエマを見ると高気圧の背が低く、1000mの上くらいに非常に分厚い逆転層がありきびしそうです。
翌朝、そうは言いつつもXC行く気満々で早めに入山。TOに着くとただでさえ逆転層がきついのに、渡良瀬の野焼きのススが黒い雲になって西の上空を覆っています。Sぴー曰く、「ススの高さまでは上がる」。CooからはPGの選手がどんどん増殖していきますが、トップは+300mくらいとあがりません。その後も好転しませんが、ぶっ飛ぶPGもいないので12時前にテイクオフ。
天井は低いしPGがいっぱいでやっぱり上には全く抜け出せず、燕の沖で上手く抜けたSぴー、K野の下にS戸さんと入るも我々は上がりません。こんな日に焦っても仕方ないので一旦仕切りなおして足尾に戻ると900m。東面はどうも温度が上がっていない感じなので、加波・燕の西面の雰囲気を探りつつ850mで雨引にこぼれます。予想通りこちらは気温が上がっているようで、雨引ですんなり1300m。サーマルを抜けるとススのにおいがします。
富谷は余りあがらず益子にこぼれて対地300mを切ったところでようやくヒット、乗り継いだサーマルで1000mまで復活。その後も先週とほぼ同じコース、同じサーマルで南那須まできて再び1300m。しかしその先でサーマルのカケラを拾い集められず小川町、まほろばの湯の前にランディング。ヘルメットを脱ぐと那珂川の東のリッジに2機のPG、1機は降りたもののもう1機は弱いのを引っ掛けて復活、黒羽ゴールしたとのことです。参りました。最後、粘りもせずにあっさり降りに行ってしまった自分に反省。
トラックログ

ほぼ片付け終わる頃に烏山で低いところから上げ返していたPGがやってきました。あとで聞いたらT賀パパだったらしい。茂木は兎に角渋くて上がって500mだったとか。そんな高度じゃHGは動けませんね。
まほろばの湯は500円、タオル150円。定期的な携帯チェックが吉。
[PR]
by yamamototsu | 2009-03-22 20:19 | 足尾
16:30という結構遅い時間までソアリングしていたので例の10分アメダスで温度を確認してみました。
f0171899_2374148.gif

最初のグラフは、黒磯、小山、笠間、水戸、下館の5地点。15時か15時半から気温が下がり始めています。海沿いの水戸に到っては14時過ぎに大きく気温が下がっていて、完全にアウトな場所だったことがわかります。西風が十分に吹いている場合は海風が入らず気温が上がるのでしょうが、この日は気温が下がるタイミングで風向きが変わって海風が入っています。

f0171899_2375238.gif

続いて大田原、大子、烏山、宇都宮、真岡の5地点。どの地点も16時過ぎから17時近くまでサーマルが出ています。特に烏山、宇都宮、真岡の3地点は16時から17時近くまでほぼ最高気温近い値を保っています。大子、烏山、真岡に海風が入っているのは17時から18時で、セーフな地点だったと言えます。

このデータを見ると、図らずも一番良い空域を飛んでいたということになります。

しかし何故16時過ぎまで気温が保たれたのかは不明。コンバージェンスでは周りの暖かい空気が集まってきていて冷めにくいからという理解でよろしいのでしょうか?
[PR]
by yamamototsu | 2009-03-17 23:44 | 足尾

03月15日(日)の足尾

土曜は雨。風邪っぽかったのでゆっくり休むことが出来ました。
明けて日曜日。上手くすれば冬型崩れの気圧配置になって、コンバージェンスに乗れる予定!! だったんですが、思ってるような展開にはなってくれず、朝になってみると西風強風なコンディション。アメダスをチェックすると利根川の吹き抜けがしっかり入ってしまい、コンバージェンスは遥か北方です。それでも笠間あたりはかなり西風が弱くなっているようなので、北上して烏山あたりでコンバージェンスにタッチして戻ってくるタスクを設定。無理目なタスクですが、風下に流すと海に押しやられて終わるパターンなので、違った可能性に挑戦する意味もあります。
風が強いのでゆっくり準備していましたが、先週ほどではないので特に問題なくテイクオフ(13:15)。ちょっと渋かったので先に出た人たちもほぼ同高度で飛んでいます。加波から燕に渡ったところで良いのに当たり、大きなガーグルとなって1800mまで上昇。プランに従い富谷に向かうとすぐに良いのにヒッて1900m近くまで上がります。高原山-烏山のラインより北は雲がたっぷりあり、こちらの空域とはまったく別世界の好条件であることが伺えます。
しかし時間はすでに14時、益子は渋くその後30分飛んでもやっと市貝で、烏山の雲にたどり着くことはできませんでした。このあたりは西風が弱くなっていますが、サーマルトップも1400m程度に下がっていて、今リターンしてもすぐ益子に刺さってしまいそうです。どうせならコンバージェンスまで行って、天国の空域で目いっぱい飛んで最後に雲底からファイナルグライドで益子あたりに降りようというわがままプランに変更します。
あと1~2サーマルでそんなに苦労せずに行けるつもりが、対地500mまで下がってようやく弱いので上げるとやっぱり1400m止まり。おまけに一番近い雲も消え始めます。下層は南、1000mくらいは北風。。。戻れる気は全くしないが、戻るしかありません。
最初のグライドでいきなり対地300mまで下がり、市貝の運動公園の南に降りようと思っていると丘の南端でヒット。下層の風が北風に変わっています。700mまで上がり、もうちょっと戻れるなと移動すると800m、950mとトップが切り上がり、益子の東の丘(高館山?)で1200mまで上昇、北風が押し返してラストサーマルが上がっているようです。富谷の裏からここにだけいくつかの雲が出来ているので、この先は上がらないかなと思いながら雨巻に向かうと、やっぱりもうリフトはありません。高峰で悪あがきをしましたがどうにもならず、16:45に50号の北側にランディング。40Km北上して30キロ戻ってきた。10キロショートですが残念と言うよりも良くここまで戻れたなあと言う感じです。
チーム若造はみんな揃って常陸太田。T原さん@VQは高峰-飯田ダム-那珂川-笠間アウトランとのこと。
平日は晴れるようなので、来週末には田んぼも乾いているでしょう。
トラックログ
[PR]
by yamamototsu | 2009-03-17 01:24 | 足尾

もうすぐ春ですね

3月になり、いよいよXCシーズン到来です。
この季節は広い空域を飛べるので、気になるのは近隣の空港との距離です。足尾の周辺にはいくつかの空港があって、さすがに長年飛んでいると大体の位置は把握していますが、さすがに正確な境界線をすべて把握できません。空域が気になってせっかくあたったサーマルも流していけないなんてことも。。。
私の使っているバリオ Flytec 6030はAirSpaceの情報を入れておくことが出来ますので、今年はそんなことのないように、関東近辺の空域情報データを作成しました。
FlyChart用のAirSpaceファイル
これで宇都宮駐屯地一周も不安なく出来そうです。
[PR]
by yamamototsu | 2009-03-14 23:11 | 足尾

03月07日(土)の足尾

低気圧が通り過ぎ冬型の気圧配置、夜には高気圧が通り過ぎて明日は後面になってあまり晴れない予報です。春とはいえ、天気の移り変わりが非常に早く、いい天気が続きません。
朝は西風が強そうですが、午後には風も多少弱くなるだろうと予想してエリアに出勤しましたが、十分な強風です。10時半にエマを確認すると減率も予想外に悪く、館野には寒気が入っていないようです。しばらくショップで時間をつぶしましたが、Sぴー、S木やんとの固い3人で山に上がりました。
テイクオフで気になっていたフラップの張り直しやらをやったりして時間をつぶしているとあっという間に14時近くになってしまいました。Sぴーは機体を組んでちょっと弱くなったタイミングでテイクオフしていきました。筑波の東側には吊るし雲が出来ています。寒気が入らなかったお陰でウェーブコンディションになっているようです。
我々より先に上がって組んでいたI崎さんも強風に苦労しますが、傾きながらも何とかテイクオフ。しかしあんまり強いんで割と早めに諦めて西LDに降りていました。
私はというと、VQは翼が大きく浮力が強いので強風では機体をホールドしきれません。更に弱くなるのを待ちますがなかなか弱くならず、結局16時半にようやくテイクオフ。燕で1000mまで上がって雨引鉄塔までほとんど下がらずに到達しました。リッジがかかっているのでスピードを上げて燕に戻り、Cooの西テイクからテニスコートまで行って西LDをチェック。そろそろ東LDに降りても大丈夫だろうと再びリッジに戻って上げなおそうと思うと、時すでに遅し。ちっとも上がりません。より正面になる加波の斜面に移動してみるもやはり上がらず。。。西LDに迎えに来てくださったI藤さんありがとうございました。
Sぴーは上手くウェーブを捕まえて1800mまで上げたようです。
トラックログ
VQでは強風で出らるようになる気がしません。
[PR]
by yamamototsu | 2009-03-12 00:39 | 足尾
02月28日(土)
出発が遅くなって11時過ぎにエリアに到着。前日の雪で足尾テイクオフは結構な雪が積もっています。寒気は入っていて減率は良いはずですが、兎に角湿気が多く雲が張ってしまって上がりそうにありません。北には晴れ間、盆地の東端にはコンバージェンス性のラインも見えますが、これでは届きません。
皆で晴れ請いをしていると、ちょっと明るくなってきたような気がします。13時頃に出た人たちが上がりだし、私も続いてテイクオフ。PGの南テイク前で1300mオーバー。筑波に移動し1400mまで上がりました。時間的にはもう14時近く北に行くには遅すぎるので、東のコンバージェンスを目指すことにします。
不動峠まで南下する途中サーマルに全く当らず、弱い積雲のある南に突き出た採石場の尾根に進みました。上がらなければ帰還不能の背水の陣ですが、しっかり上がるサーマルが見つかりません。弱い雲の下をパープルライン入り口の尾根に乗っかり、中央青少年の家の上でようやくヒット。東風に流されながら1000mまで上げなおします。
狙いのコンバージェンスまではもう少しですが、さっきのリフトの流され方からして低いところから上げなおせる気がしません。弱気に保険を掛けて尾根上を進みますがリフトにも当らず、雲まで挑戦せずに尾根先端でUターン。盆地のふちに戻って、雪入を過ぎたあたりで弱いリフトにヒット、竜神の上に積雲が出来ていますが、600mしかないので慎重に上げて800m。もう竜神の雲は死んでいてコンバージェンスのくももはっきりしなくなっていて、ML帰還が冷静な判断ですが、無駄に勝負するのが俺だ!!ということで竜神に取り付きます。リッジっぽくちょっとだけ上がりますが、当然のように勝負は敗北。そのままランディングとなりました。
1時間半、3TPで32Km、適度な苦しさで結構楽しかったです。
トラックログ

03月01日(日)
本日のほうが寒気が入るとのことですが、盆地内は結構な雲で日射がありません。それでも西や北は良く晴れているようで、先々週のように盆地を脱出すればかなり楽しめそうです。ゆっくり上がってゆっくり組んでいると、若人達が1000mほど?で西に走っていきます。そうだよねー。
12時半にテイクオフし、足尾山1000mから雲の出来ている吾国経由で北に向かうつもりでSピー、Kたのと発射。貢邸の上でヒッて1200mとなり、道祖神峠を越えたところでさらに1300m。しかし西の晴天域の間の雲がかなり厚くなって、突っ切るのは難しくなってしまいました。現在の雲のラインを西に外して脱出を試みますが、向かった雲は既に活動停止で全く上がる気配なし。仕方なくもとのラインに戻ると、そこでSピーと合流。
行き場を失いまだ日射のある東にSピーを追う形でグライド、500mを切ったあたりで弱いリフトに当たり、Sピーも戻ってきて二人で必死の生き残りをはかります。800m天井で流されながらサバイバルしていますが、このまま粘り続けるのは苦手な展開です。日射の残っている仏頂の上に雲が出来ていたので、エイッと走ってしまいます。運良く山頂に乗っかることができて、そこでヒット。Sピーは100mくらい下でやってきてリフトに当らず谷底に戻っていきます。
流れながら3羽のトンビと+400mゲイン、トンビも特別上手い奴がいるんですねえ。1羽がうまーく流して強いリフトを拾って、ガーグルを引っ張ります。我がVQが一番初めにリフトに入りきれなくなって、サーマルを離脱。高峰でもう一発と思って動いたのですが、鳥ばかり見ていたためかこれがバッドチョイスで吹き降ろすばかり。気付けば仏頂の東には積雲が出来ていて、最初からこちらに向かうべきでした。今更向かっても高度が全く足りず、Sピーと同じところにランディング。本日も約1時間半で32Km(3TP)。
西に向かった若者たちは結構なフライトを楽しんだようです。
トラックログ

平日が毎日雨だったので、土日でこれだけ飛べたのはラッキーでした。
[PR]
by yamamototsu | 2009-03-07 02:13 | 足尾

板さんブログ

最近、板さんがブログを書いていることを知りました。やっぱり上手い人の話は面白いですね。
先週火曜日のビッグデーのタンデムフライトの解析も大変ためになりました。アメダスデータでサーマルの出方が結構判るものなんですね。
温度の10分グラフを簡単に見るには、Weathernewsのピンポイント予報左側にある実況値を見ると良いと教えてもらいました。グラフをクリックし、グラフ右上の『1時間毎』をクリックして、『10分毎』を選択すると、過去4時間だけですが、10分グラフを見ることが出来ます。

10分アメダスは気象庁のホームページから取得できます。

足尾LDに1分間隔の温度計を設置しよう!!と言っていたけどどうなったかな。簡単にネットには繋がらないので難しいかもしれませんが、携帯から実況がみられるようになると皆が早くテイクオフするようになるかもしれませんね。
[PR]
by yamamototsu | 2009-03-05 00:42 | 足尾