Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月23日(日)の丹沢

ちょっと出遅れて10時半前にランディングに到着するが、皆はまだ来ておらず11時になってようやく登頂開始。今日もテイクオフが遅くなってしまいそうです。
乾燥しているものの寒気が抜けてしまって減率は良くないので、ブルーの1400mと予想。
花立尾根に渡れば高い地面からのサーマルでもうちょっと上がれるかもしれません。

CGを1.5cm前に出し、13時前にテイクオフ。風は弱い南~南西
減率が悪くPGとリフトを取り合う形となって上がるのに手間取ります。
PGが山沿いに上がってくれたので私もちょっと上げて三ノ塔尾根に移動。
そこで1450mまで上昇し、すでにPGが3機渡っている花立尾根にグライドします。

天井が近いので先行のPGは上げるのに苦労していますが、1機は明らかに高く、やはり花立尾根だけは高く上がれる条件になっていることが見て取れます。
いつもの休憩所に取り付くがリフトが見当たらず、そのまま鍋割尾根まで流すとここでヒット。
鍋割を取ってからもうひと上げと花立尾根を金冷やしから堀山までうろつくけれど、いいのに当りません。
休憩所に戻るとここで良いのにヒットして1500m、更に塔ノ岳に移って1750mまで上昇しました。
途中で天井を抜けて、上のほうは弱い北風が吹いているようです。

表尾根は薄いパフが出来る程度ですが、蛭ヶ岳の上にはしっかりとした高い積雲が出来ています。
逆転層を抜けたのでひどいシンクは無いと高をくくってちょっと裏に足を伸ばしてみます。
丹沢山の手前、竜が馬場につくと弱いのに当って、ちょっとだけ上がりましたが、
2000m以下では遊べない空域なので、スゴスゴと引き返します。

表尾根に戻ると大丸でヒッて切り替えしながら1850mまで上昇。
最後は高松を廻ってMLにランディングしました。1時間40分、30Km(3TP)。

冬至よりちょっと前のこの時期が日の入りが最も早いそうで、そのせいでサーマルの終了も早いです。
[PR]
by yamamototsu | 2008-11-28 23:25 | 丹沢

11月22日(土)の丹沢

寝坊した上に、好天の3連休初日ということもあって東名は事故渋滞で大遅刻。
凧運びを手伝ってくれた皆さん、ありがとうございます。
丹沢で飛ぶのは多分3月以来かな? ホームエリアに帰ってくるとなんとも言えない心地よさがあります。

今日のグライダーは世界選で使ったVQです。
丹沢は担ぎ上げがあるので、2分割ケースを用意して楽できるようにしています。
2分割からのセットアップは本日初めてですが、中央部の靴紐の通し方がよくわからず、結構手間取ってしまい、14時ちょっと前にようやくテイクオフ。
寒気が入っていてサーマル条件は良いが、雲底は1500mとそれほど高くなく、山近くは積雲で日射がなくなってしまっている。ラジコン尾根、三ノ塔で上げ、花立尾根で1600m。ついさっきテイクオフしたばかりだがもう日射のパワーも感じられないので、そのまま高松に向かうことにして、雲の端っこ秦野峠に1150mで到着すると1400mまで上げなおすことが出来、高松、松田山を巡って横のMLにランディング。

丹沢のMLは空域規制が色々あって降ろしにくいが、VQはかなり低速が使え、ランディングスピードもゆっくりなので降ろしやすいです。

しかし上空でもスピードが出ないので降りてから確認すると、CGの位置が後ろに戻っている。
世界戦後は一度AIRに戻しているので、フェリックスが機体をチェックしてくれたときに移動したのかもしれない。世界選ではメモリの一番前までCGずらしてあったからね。
[PR]
by yamamototsu | 2008-11-28 00:09 | 丹沢