Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:丹沢( 54 )

2014年05月18日(日)の丹沢

昨年からしばらくHGクローズになっていた丹沢エリア。
何とかフライト再開したので、久しぶりに飛びに行ってきました。

丹沢に置いてあるATOS-VSはコントロールバー修理をしていたため、すぐには飛べない状態。
修理はしてもらってあったものの組み付けにも行かず放置してあったので、何をしなきゃいけないのかがすっかり不明。必要そうなものをできるだけ持って山に出かける。
この日、ハングメンバーは珍しくすごく早い時間に上がっていて、下では会えず。
朝から条件が良く、11時くらいにはテイクオフしていた。

テイクオフで誰かに会いたかったので、駐機場でアップライトだけ組み付けて、一人テイクオフへ。
(結局みんな飛んだあとで会えなかった)
テイクオフで機体を組み始めると、いろいろ組み付けミスやら、修理終わってない部分が見つかり、あっち削ったり、こっちのピンを引っ張ったり、車に物取りに行ったりと手間がかかる。
やっぱり修理はすべて下で済ませないとダメですねえ。

それでもどうにか飛べるようになって、14時前にテイクオフ。
大山から高松山まで秦野盆地の山を一通り飛ぶことができた。

やっぱりホームエリアで飛べるっていいですね。
[PR]
by yamamototsu | 2014-05-22 00:06 | 丹沢

2013/04/27の丹沢

十数年ぶりに春の丹沢で飛びました。
季節外れの冬型で期待度MAXだったのですが。。。


トラックログ
[PR]
by yamamototsu | 2013-04-29 23:30 | 丹沢

03月02日(土)の丹沢

前週の土曜はチョー良さそうだったのに、所用で飛びに行けないという不幸。
ちょっと上空の風が強いけど、逆転層は2000~2500mくらいと思われ、
飛べるだろうと予想し、先週のうっぷんを晴らすべく丹沢に行く。

前日の雨で地面は濡れているが、乾いた空気でそれなりに上がるようになるはず。
妻が付き合ってくれるというので、飛んだ後は南足柄の温水プールで遊ばせておき、
近くに降りることにして、前夜から箱根チャレンジの体制はバッチリだ!
そして朝、丹沢に到着して吹流しやら何やらを準備しても誰も来ない。。。
仕方なく何人かにTELして判ったのは、今日来る人はいないということ。
会長に妻のサポートで飛ぶことを連絡して二人で山に上がる。

朝テイクオフ以下だった雲底は徐々に上がり、昼ごろには1500mくらいになる。
二人なので、ランディング時間を15:30に決めて、12時前にテイクオフ。
山にエネルギーが無く、大秦野GCまで出してやっと上昇、下層はかなり東風が強い。
そこから菜の花台に行ってトップアウト、雲底はかなり斜めでこの辺は1800mと高い。
松田から来たPGと大山をタッチし、もう一度大秦野に戻って上げなおし、
そこで雲底1400mまで上げて箱根チャレンジに出発。

まずは雲のある秦野峠に向かと、+5のリフトであっという間に1500m雲底。
ここが西風とのコンバージェンスだ。
雲の横で回しながら南下して、開成町では2300m。雲底は1800mくらいか。
その先はラインが不明確になっていて、トレースできずに1400mまで下がったけれど、
明神ヶ岳の手前でもう一度ラインに乗っかり、2000m。この辺は北風。
箱根の西面に出てゆっくり南下し、芦ノ湖の西、三国山辺りで海の気団と
北風とのコンバージェンスで2500m。しかしその先は雲が低くて進めない。
北風が進むのをしばらく待ってみたけど、とても待ちきれないので、
2700mまで上がったところで、箱根を突っ切って戻ることにする。
途中、箱根のど真ん中、駒ケ岳で2800mが本日最高高度(もちろん雲の脇)。
わずかに硫黄の匂いがしたのは、疲労と酸欠と先入観のせいかな。

ラインは松田から渋沢丘陵と街の境に出来ているが、
あまりに寒くて指が千切れそうだったので、それより南を通って秦野に向かう。
そしたら、大山の尾根で1000m。下げすぎた。
時間はもうすぐ15:00。秦野は西風爆風だし、反対方向の伊勢原に降りたくはない。
なんとか苦労して何とか上げなおしたら再びコンバージェンスに乗っかれて、
きれいな雲リッジで雲頂2200mまで到達できた。(写真でお見せできないのが残念です)

あとは足柄までファイナルグライド。約束の時間まであと5分しかない。
再びラインを無視したコースを取ったら、強風とシンクに掴まった。
なんとか丘陵地は抜けられたけれど、酒匂は越えられず、
曽我の梅園の脇にランディング。99Km@5TP。トラックログ
足柄平野は南風強風だった。

方々で風がぶつかっていて、どこでも雲で遊べる状況だった。
富士山と丹沢山塊の間を抜けてきた乾いた風が、秦野は西風、松田は北西風、箱根は北風、
と扇状に広がりながらコンバージェンスを形成していた。
そんな日は、寒くても、時間が無くてもラインを外しちゃいけないな。
[PR]
by yamamototsu | 2013-03-11 19:52 | 丹沢

03月02日(土)の丹沢

今日も丹沢は飛べてます。
そこいらじゅうで風がぶつかっていて、雲の脇を使い放題。
最高高度は箱根の駒ケ岳で2800m、あまりの寒さに指がちぎれるかと思った。
トラックログ。

ハーネスのジッパーの目貼りは効果絶大で、冷風の進入は無くなった。
でもじわじわ寒さがしみてくる。
[PR]
by yamamototsu | 2013-03-03 00:33 | 丹沢

02月16日(土)の丹沢

足尾には強すぎる冬型だが、北西風予報で丹沢なら丁度良い。
12時前にテイクオフ。1700mまで上げて大山の東の尾根をサーチ。
いきなり冒険する必要は無いので、1300mをきったところでリターン。
尾根を山頂方向に戻るがいい下げっぷりで、ギリギリ切り開かれたところに乗っかる。
ここなら上がるだろうと思ったのに、どうも上がりが悪いし、北東被りっぽい。
平地が遠い、尾根の北面で上がる気がしないが、南面で尾根より下がると届かないかも。
ジリ貧で尾根を徐々に下らされていき、もう諦めるかと思ったところでヒット。
200mほど上げて大山から南に延びる尾根に飛び移ると、1100m、何とか復活。


三ノ塔から塔の岳に行くとしっかりした雲があり、M本さんが先に上げている。
彼の動きを追いかけて通常の雲底、更に雲の側面を使って2300mで上の雲底に到着。
南にある雲の雲頂よりはるかに高くて気持ちがいい。
この雲の上をかすめて飛び超え、高松山の雲に向かう。
雲の前面は空振りしたが、風下側をサーチして雲底1600mまで上げて秦野に戻る。

三ノ塔1900mから大山、南の尾根で1600m雲底まで上がったので、
山頂から伸びる東西の雲の下をサーチしに再び東に向かう。
良い雲列なのに全く上がらず、諦めて戻り始めるが雰囲気が悪い。
東に延びる尾根も南に伸びる尾根も全く上がる雰囲気も無く、、、
行けども行けども北東風で、西田原にボムアウト。
今日は凧揚げ中の皆さんに見守られてのランディングでした。
トラックログ。51Km@3TP。

思えば、大山からの雲は北東風が作ったコンバージェンスの雲だったのだろう。
雲の南面を探していたが、おそらくリフトはもっと傾いていたのではないかと思う。
もっと南のルートを取れば、上がったかもしれないし、ダメでも秦野盆地で復活できただろう。
[PR]
by yamamototsu | 2013-02-24 22:24 | 丹沢

02月11日(月)の丹沢

再び冬型の強まった連休最終日。
午後に北からの風が回りこんできて、秦野にもフォローが入る予報。
雲は多めで低め。あまり煮えている感じがしない。
しかし風向きの良いうちに飛んでおきたいので、12時前にテイクオフ。

最初の上げに手間取り、高圧鉄塔からのサーマルでようやく1600m。
大山で再び雲底につけたところで、厚木の雲でも上がる気がしてきた。
厚木市街の北、中津川沿いのほうが日射もあり雲も良さげだが、
基地との位置関係に自信がなく、東名沿いに東進する。

日産テクニカルセンター(NTC)でちょっと上げなおしてスタジオ246に向かう。
雲の下に入ったが今ひとつ上がらず、厚木インター近辺をウロウロ。
日射はいよいよ少なくなり、結局上がれず、行き場をなくす。
丘に頼ってNTCに戻って400m。
弱いリフトにヒッて600mまで上がるがそこで上げ止まり、本日終了。

f0171899_22404948.jpg
小田原厚木道路の近くに降ろしにいくと、対地100mでラジコン場を発見。
ここに降ろせと合図をもらったので、場内に降ろさせて頂きました。
フライトは1時間15分で25Km@3TP。トラックログ
温かいコーヒーを頂いたり、楽しいお話させていただいてお世話になりました。

その後、盆地は12:30にはフォローが入った模様。
私の降りた場所も、しばらくしてから強い北風が入ってきた。
そういえば、以前にも1600m雲底で東に発射して突き刺さったな。進歩無し、反省。
[PR]
by yamamototsu | 2013-02-15 22:44 | 丹沢

02月09日(土)の丹沢

2週間前に折角雪掻きして開通したのに、水曜にまた雪が降った。
いつもより早起きして山に行くと菩提の駐車場までは全く雪が無かった。
それは良かったのだが、低い雲が張っていて日射が出ない。
何とかなるだろうと正午頃にテイクオフ。今日はT田の『県外脱出』に付き合って遊ぶ予定。
ちょっと厳しいが何とか二ノ塔トップアウト、T田は上げしぶっているので大山で時間をつぶし、
戻ってくるとちょうど大倉尾根に向かうのが見えたので後を追いかける。

T田は大倉尾根で上げたあと松田方向に向かったが、私はもう少し西のコースを選択し、
シダンゴ山から高松山に向かう。シダンゴの先でヒットし上げ始めると、
T田もこちらに向かっていて、シダンゴの上で良いのにヒットし、頭上を超えていった。
私も高松で雲底1600まで上げ、T田を追っていつも上がらない大野山に向かう。
1200で到着、弱いリフトを見つけちょっと上がるが、+50mしか上がらない。
リフトが弱すぎ、ちょっと低いT田は上がらず。
あんなに下がったら松田には戻れないじゃないかと思ったら、潔く酒匂川に向かっていった。
そのまま上げられずに大口グラウンドにランディング。安全なところに降りてくれて良かった。

申し訳ないがそこまではお付き合いできないので、私は松田に戻る。
松田はいつも通り南東風が強くなっていて、山の東端でなんとか高度を稼いで裏にこぼれる。
太平洋GCから大倉尾根を登って塔ノ岳、さらに大山1500で東海大学を取ってMLにランディング。
3時間飛んで62Km@5TP。トラックログ

盆地内は簡単に上がっても、盆地の外は海風との厳しい戦いなのだ。
[PR]
by yamamototsu | 2013-02-13 23:27 | 丹沢

01月27日(日)の丹沢

この日は今年2本目の丹沢フライト。
寒気も残り、湿度も低いうえに風も弱いので、
久しぶりに箱根に行けそうだと超期待していました。

HGは3人、PGは10人くらい。10時過ぎにTOに向かいます。
HG車は途中でキャリアを修理したり、チェーンを履いたり、
降りて車を押したりの苦難を乗り越え、ようやくTOに到着。
急いで準備して12時過ぎにテイクオフ。
いきなり高圧鉄塔まで下がったけど、何とか上げ返せた。

表尾根近くは残雪の影響で空気が冷えていて全体的に下降風ぎみなので、
いいリフトはちょっと前に出したところにあるようです。
山が思ったほど良くないので、さっさと松田方向に行ってしまおう、と
行ってみたらこちらは海風がしっかり入っていて1300mが上限。

ちょっと箱根には向かえないので、仕切りなおしで鍋割に戻って2300m。
高度を使って大野山まで行くが、ここも上に抜けるサーマル無し。
時間も14時を過ぎたので箱根行きは諦めて盆地フライトに切り替え、
大山や渋沢丘陵を飛んで16時前にランディング。フライトログ

もう少し上手く飛べたよなあと思っていたら、松田のPGは蛭ヶ岳や矢倉岳まで行った人も居た、グレート。
[PR]
by yamamototsu | 2013-02-10 23:37 | 丹沢

01月12日(土)の丹沢

晴れるが高気圧に覆われ逆転層が強い予測。上空は西風が卓越。
f0171899_172828.jpg


朝は薄曇りだが時間とともに晴れていき、ウェーブ雲だけ残った。
ハング5人、パラ3人集まったが、飛んだのは私とハングのK口氏のみ。
12時過ぎにテイクオフ、1000くらいからサーマルの頭を抑えられている感じ。
一気に崩壊して周りにはシンクだけが残る。
花立尾根に無理やり渡るが上がる雰囲気なし。
1時間ほど飛んだところで沖に出したが、西風がかなり強くなっていて、1サーマルで降りてしまった。
Max1400くらい、ウェーブには全くコンタクト出来ず。
f0171899_181077.jpg


何はともあれ、今年の初飛び完了。
今年もブログを続けますので、よろしくお願いします。
[PR]
by yamamototsu | 2013-01-13 00:59 | 丹沢

11月03日(土)の丹沢

10時から晴れる予報だったので久しぶりに丹沢に向かう。
がエリアについても全くはれず、空気が全く温まっていない。
山に上がってグライダーをメンテしながらセットアップする。

晴れ間は徐々に北から近づいてきて、12:30には盆地内にも日射が届くようになった。
北の空
f0171899_23534034.jpg

同時刻の南の空
f0171899_2353537.jpg

13:00、街の反射光がキラキラと揺らめくようになったので、15分ほど待ってテイクオフ。
山際は全く上がらないので、早めに町のほうに向かい、菜の花台の尾根でヒット。
岳の台方面に流しながら1200m。
他のメンバーがなかなかテイクオフしないので、ラジコン尾根に向かう。

しかし、1000mより上はやや北風?西風? 被っていてリフトが育っていない。
結局、ふたたび菜の花台に戻って上げなおし。ここだけはリフトがある。
今度はもっと丁寧に上げて、岳の台で1500m、大山から更に南東方向に足を伸ばすが、こちらも上がらず。

時間が14時を過ぎて気温が下がり始めたらしく、3度目の菜の花台はかなり渋い。
ちょっとだけ上げて、ランディング。トラックログ

ただでさえ渋いこの季節の日射は貴重だなあ。
[PR]
by yamamototsu | 2012-11-08 23:51 | 丹沢