Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2015年05月10日(日) 下野ウェーブ



ゴールデンウィークも明けて、北関東はすっかり田んぼに水の入ってしまった。
しかし高原山トップアウトしたのは去年の5月10日、ビッグフライトが可能な季節である。
前夜は話題のBLIPMAPを見ると、宇都宮方面にはウェーブが予報されているし、益子-宇都宮にコンバージェンスが時間とともに南下することも予測されている。
宇都宮の北でウェーブインし、ウェーブ沿いに南下、宇都宮管制圏を回って帰ってくるという夢のプランを立てながら、ネットの見過ぎで今夜もまた寝不足になるのであった。


翌朝はなんとか早起きできたが、トラブル発生でテイクオフしたのは13時ころになった。
2200mで雨引を出発。コンバージェンスはかなり南下してしまったかもしれない。
初め北西に進むが、北風ぽいのでコンバージェンスの北側にいると判断しコースを南向きに変える。
しばらく進むと雰囲気が良くなり、弱いながらもサーマルに当たるようになった。
1000mそこそこの高度でさらに西進する。


鬼怒川を越えた先で突如東風になり、弱風域に入ったような感じになった。
そしてその先で、強い西風になり+5のサーマルにヒット、あっという間に2000mを越えた。
先ほどまでの渋い空域の上の層に出たので、風上45度方向に進んでみると上昇し続ける。
ウェーブインしたみたいだ。リッジソアリングの要領で往復すると上がり続ける。


北に見える大きなウェーブ雲の連なりの端にたどり着いて、高度は2900m。
つい癖で雲で遊んでしまうが、めちゃくちゃ荒れてる。当たり前だ。
ウェーブ雲沿いに北上したかったが、言い知れない恐怖で挑戦できず。
高度を使って足尾まで帰ったが、北上していたらどうなっていたんだろう。


[PR]
by yamamototsu | 2015-05-22 00:31 | 足尾