Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

02月16日(土)の丹沢

足尾には強すぎる冬型だが、北西風予報で丹沢なら丁度良い。
12時前にテイクオフ。1700mまで上げて大山の東の尾根をサーチ。
いきなり冒険する必要は無いので、1300mをきったところでリターン。
尾根を山頂方向に戻るがいい下げっぷりで、ギリギリ切り開かれたところに乗っかる。
ここなら上がるだろうと思ったのに、どうも上がりが悪いし、北東被りっぽい。
平地が遠い、尾根の北面で上がる気がしないが、南面で尾根より下がると届かないかも。
ジリ貧で尾根を徐々に下らされていき、もう諦めるかと思ったところでヒット。
200mほど上げて大山から南に延びる尾根に飛び移ると、1100m、何とか復活。


三ノ塔から塔の岳に行くとしっかりした雲があり、M本さんが先に上げている。
彼の動きを追いかけて通常の雲底、更に雲の側面を使って2300mで上の雲底に到着。
南にある雲の雲頂よりはるかに高くて気持ちがいい。
この雲の上をかすめて飛び超え、高松山の雲に向かう。
雲の前面は空振りしたが、風下側をサーチして雲底1600mまで上げて秦野に戻る。

三ノ塔1900mから大山、南の尾根で1600m雲底まで上がったので、
山頂から伸びる東西の雲の下をサーチしに再び東に向かう。
良い雲列なのに全く上がらず、諦めて戻り始めるが雰囲気が悪い。
東に延びる尾根も南に伸びる尾根も全く上がる雰囲気も無く、、、
行けども行けども北東風で、西田原にボムアウト。
今日は凧揚げ中の皆さんに見守られてのランディングでした。
トラックログ。51Km@3TP。

思えば、大山からの雲は北東風が作ったコンバージェンスの雲だったのだろう。
雲の南面を探していたが、おそらくリフトはもっと傾いていたのではないかと思う。
もっと南のルートを取れば、上がったかもしれないし、ダメでも秦野盆地で復活できただろう。
[PR]
by yamamototsu | 2013-02-24 22:24 | 丹沢