Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

01月24日(日)の丹沢

冬型が緩む。足尾に行っても良い条件ですが、丹沢に行くことにしました。
日中の逆転層はそれほど下がらず、昨日と同じくらいは上がりそうな予想。
朝からブルー、エマでもブルー。

11時半にテイクオフ。
ラジコンとPGがいるので、二ノ塔の山際以外で上げようとしましたが、どうも上がりません。
M像さんがラジコン尾根の前側で一気に上がってブチ抜かれてガマンできなくなり、
結局は二ノ塔尾根にてPGを蹴散らしながらトップアウト。大山に移動します。

大山から伊勢原焼却場まで行ってちょっと粘るも上がりきりません。
朝からずっと強火ですが、平地はまだまだ煮えてないようです。
三ノ塔に戻って、大倉尾根に移動。花立はかなり荒れていて嫌な感じです。
鍋割山荘に移動すると良いのにヒって、この日最高高度の1800mまで上昇。

ちょっと下にはM船長が上げています、さっきはまだ飛んでなかったような。。。
調子よく上げてきたようなので、松田に誘い出してみます。
あまり速度を上げずに前に出して後ろを見ると、船長も出発したようです。
ですがコース取りが悪く、速度も遅いようで、いきなりかなり下がってしまいます。
沖に出る余裕は無さそうなので、一人で松田に向かうことにします。

松田に着くと900m。折角きたので上げ返して帰りたいです。
リッジ西端の最明寺跡公園から東端まで探索してもサーマルなし。はまったか?
PGが東名寄りで上がっているので前に出してみると、ハーブ園手前でヒット。
そのまま1100m近くまで上がり、海風領域を脱出成功です。
秦野でしっかり上げ返したいですが、ブルーでおいしい所が良くわかりません。
西には雲の出来た違う空気が来ているようですが、すぐには入れ替わりそうにないです。

判らないついでに、柳川東側ルートを選択。
フライト後半では時々使うルートですが、日中に使うのは初めて。上手くいくか。
柳川入り口でちょっと空気がうねりますが、上がるリフトには当たりません。
もうちょっとサーチすべきだったか、あるいはML方面を探すべきだったか。
このあと向かった太平洋CCもパッとせず、PG1機とジリ貧で下がっていってしまいます。
結局このまま柳川にランディング。
粘るPGが気になって低め、近めアプローチの悪い癖が出て、クラッシュランディングしかけました。
ここはHGには狭いんだから諦めが肝心でした。
35Km@3TP、1時間半のフライトでした。トラックログ

このあと松田帰還を目指すPGが柳川の窪地で沢山のた打ち回っていました。
全機何とか上げ返して、三廻部に降りたのかな?
また盆地の外で粘るHGもずっと見えてました。
時間的にも場所的にも最悪の選択をしてしまったようです。
ブルーのときは、サーマルの気持ちが全く判りませんね。
そんなときはみんな何を見てるんでしょう?
[PR]
by yamamototsu | 2010-01-27 01:07 | 丹沢