Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

01月09日(土)の丹沢

前日から始まった西富士の大会では3000mまで上がったようです。
職場から見える丹沢の雲も2500mくらいはありそうでした。

明けて土曜日、今日も明日も冬型。昨日と同じくらいは上がりそう。
風も弱そうで箱根アタックできそうなので早めに出発。
山に登って出来始めた雲を見ると思ったより低いです。
11時ちょうどにテイクオフし大山へ。拍手を打って阿夫利神社に初詣。
山頂で雲底1700m、さらに雲の脇で1800mまで上げてまずは北上。
宮ヶ瀬手前の仏果山に到着したら900m。低っ!!
何とか上がってテイクオフに戻り、沖ルートで大野山に1200mで到着。
パフが出来始めるけど、やっぱりこの山では今日も上がらず。。。

それでも箱根が呼んでるような気がして、えいっと不老山に渡ってしまう。
雲はあっても簡単には上げきれず、何とか上がったときには
大野山から矢倉岳にストリートが出来てるという。苦労が報われないです。
矢倉岳の西のゴルフ場で上げなおし、更に金時山の雲につけたいですが
目線では山頂を越えられない。おそらく西面なら上がるだろうけど、
リスクを取り疲れてしまって、山頂の手前でリターンしました。

矢倉岳で上げなおして帰ろうと思っていたのですが、
下がりすぎて山に付いたら山腹も山腹。かつてない低さ。
リスクを嫌ってもっと大きなリスクを背負ってしまいました。
幸い上がったから良かったけど。気が緩んでました。

秦野に戻るとややオーバーキャスト気味で、山は雲底も下がっています。
三角山の雲底1600mから、沖の雲の南端を通って大山の尾根で再びほぼ雲底。
東にこぼれたいですが、平塚方面には雲が無くラインも出来ていません。
雲のある北西方向に行きますが、雲の位置はちょっと北過ぎてそこまでは行けず。
エネルギーの無くなっていく中、1時間頑張って東海大病院の近くにランディング。
1200mまで上がったときに真直ぐ大山に向かえば帰還できたかな。

4時間飛んで99.5Km@5TP、丹沢の飛び初めとしては出来すぎですね。トラックログ
[PR]
by yamamototsu | 2010-01-11 11:16 | 丹沢