Class5 Hanggliding in Japan


by yamamototsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

12月29日(火)の丹沢

朝から晴れてくれるつもりだったのに、予報が変わって、日照は午後かららしい。
雲が多く日射が少ないですが、減率は良いはず。
ちょっとの日射でサーマルが出てくれることを期待して山に上がります。
下層は東の予想、雲を見ると2000mくらいは西っぽいです。

今日はチーム中堅が入会テストで来てくれたのでHGは賑やかです。
セットアップして日射を待ちますが、なかなか。。。
そんななか絶好調のM像さんが先陣を切ってテイクオフ。
山はなんとなく上がるけど、回しどころがない感じ。沖に出てリフトを捕まえています。

勇気付けられてチーム中堅の面々も順番にテイクオフ。
上がる人あり、上がらない人あり。実力の試される条件です。
皆のテイクを見送って私もテイクオフ。山にエネルギーが足りない感じ。
ひと時出ていた日射も、徐々にオーバーキャストに。

朝から雲は沖で出来ていて、平地にはエネルギーがありそうなので三ノ塔1300mから沖に出します。
リフトがなければ、降りてしまうが仕方ない。目標は日射と雲のある太平洋GC。
柳川に辿り着くと弱いリフトが待っていてくれて、大事に育てて1300m。
表尾根や盆地内は日射無し、雨山から西の尾根は日が当っているので秦野峠に向かう。
高度不足でちょっと怖いけど、伊勢沢の頭でいいのに当って雲底1600m。
山を振り返ると、他のHGは余り生き残れていないみたい?

松田経由でちょっと日の当たりだした秦野に戻ります。
既に14:30で平地は逆転層に覆われ始めているようです。
大秦野の裏山まで戻ってくると、ここで何とか上昇開始。
上がりきらないけど三ノ塔に戻って山頂を何とかトップアウト。
大山の下社の上でリッジソアリングで何とか山頂を越え、ちょっと南に出して1500m。
あとは弘法山を回ってMLにランディング。2時間ちょっと。

肌がひび割れるほどの乾燥をお願いします。
[PR]
by yamamototsu | 2009-12-29 19:05 | 丹沢